Google、Chromeで強固なパスワードを作成するための支援機能を開発中

Pexels photo 2882630

Googleが、Chromeでパスワードの強度をブラウザ内に表示する、新しい機能を開発中であることがわかりました(9to5Google)。

Leopeva64氏がTwitterで共有した情報によると、Google Chromeの最新ビルドには「password strength indicator」と呼ばれるフラグが追加されており、Googleが同機能の開発に積極的に取り組んでいる証拠だとみなされています。

機能自体はまだ動作していないようですが、フラグの説明からパスワード・インジケータは、サインアップするときや現在のパスワードを変更するときにポップアップし、そのパスワードがどれだけ健全かを教えてくれるものだということがわかります。

Password Strength Indicator

Enables password strength indicator when typing a password during a sign-up and password change flows

パスワード強度の表示機能は、LastPassや1Passwordなどのパスワード管理アプリではお馴染みの機能です。ブラウザ単体で利用できるようになることで、より強固なパスワードの使用が普及する可能性があります。

Google、Microsoft、AppleなどIT大手は、生体認証などを利用したパスワード不要の認証ソリューションの導入をすすめていますが、新しい認証機能が普及するまでの現実的な取り組みとして強固なパスワードの使用は効果があると予想されます。

スポンサーリンク