Google Chromeにタブグループを保存する機能が追加

Save group

Google Chromeには複数のタブをまとめて管理することができる「タブグループ」と呼ばれる機能が搭載されています。今回、このタブグループに関連した新機能として、タブグループを明示的に保存することができる「Tab Groups Save」と呼ばれる新機能が追加されたことがわかりました(Techdows)。

現在この機能はChrome Canaryの試験的機能として実装されており、テストするためには以下の手順でフラグを有効にする必要があります。

  • Google Chrome Canary 95.0.4617.0以降に更新。
  • chrome://flags/#tab-groups-saveを開く。
    S 20210821 204907
  • 「Enabled」を選択してブラウザを再起動。

再起動後タブグループを作成し、タブグループのヘッダーアイコン(ドットアイコン)を右クリックすると「Save Group」という名前のトグルボタンが表示されます。

この機能は「ユーザーがタブグループを明示的に保存・呼び出しできるようになる」と説明されていますが、実際にどのように動作するのかははっきりしていません。ブラウザのセッション間でタブグループを確実に保存するための機能だと思われますが、これは現在、Chromeの起動設定で「前回開いていたページを開く」を有効にしていれば、すでに実現している動作です。

タブグループに関してはGoogleとMicrosoftが活発に新機能を追加しており、「Tab Groups Save」がどのような利便性を追加することになるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク