Rufusを使用してWindows 11のMicrosoftアカウント要件をバイパスする方法

Microsoft account

Windows 11の次期機能アップデート「Windows 11 Version 22H2」では、セットアップ時にMicrosoftアカウントの使用が必須になると見込まれています。

これまでローカルアカウントの作成が可能だったProエディションも、Homeエディションと同様に、Microsoftアカウントが必要となるようですが、いくつかの回避策が存在することがすでに判明しています。

今回はそのような回避策の一つとして、サードパーティ製ツール「Rufus」を使用して、Microsoftアカウントの作成をバイパスする方法を説明します。

Rufusは、WindowsのISOファイルをダウンロードしたり、ダウンロードしたISOファイルからインストールメディアを作成することができるツールです。TPM 2.0やセキュアブートのチェックを無効化したインストールメディアを作成することもできます。

記事執筆時ベータ版のv3.19以降で、Microsoftアカウントのバイパス機能が追加されました。

22H2のISOファイルを使用したときのみ使用可能

RufusのMicrosoftアカウントのバイパス機能は、22H2のISOファイルを使用したときだけ表示されます。記事執筆時22H2のISOファイルはRelease Preview版がダウンロード可能です。

Rufusを起動してダウンロードしたISOファイルを選択し、「スタート」ボタンをクリックします。

S 20220629 135325

ダイアログが標示されます。ダイアログには以下のオプションが存在します。

  • Remove requirement for Secure Boot and TPM 2.0
    セキュアブートとTPM 2.0要件を削除。
  • Remove requirement for 4GB+ RAM and 64GB+ disk
    4GB以上のRAMと64GB以上のストレージ要件を削除。
  • Remove requirement for an online Microsoft account
    Microsoftアカウントの要件を削除。
  • Disable data collection(Skip privacy questions)
    データ収集を無効化。

Microsoftアカウントではなくローカルアカウントを使用したい場合「Remove requirement for an online Microsoft account」にチェックを入れます。なおローカルアカウント作成の提案を受けるためには、ネットワークを一時的に無効にしておく必要があるそうです。

まとめ

Rufusを使用して、Windows 11のMicrosoftアカウントの要件をバイパスすることができます。どうしてもローカルアカウントを使いたい場合、使用を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトル Rufus
公式サイト https://rufus.akeo.ie/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7472-rufus
説明 起動可能なUSBドライブを簡単に作成することができるソフトウェア。

スポンサーリンク