【Tips】VMware FusionにWindows 11を手早くインストールする方法

S 20220224 121302

MicrosoftはWindows 11では最小システム要件を変更し、セキュアブートやTPM 2.0を必須としました。

要件の変更は実マシンだけではなく仮想マシンでも有効で、仮想環境でWindows 10は問題無くインストールできたとしても、Windows 11の場合、要件チェックではねられる場合があります。

例えばVMware Fusionの最新版v12.2.1を使ってWindows 11をインストールしようとしても、以下のようにインストールプロセスの途中で要件チェックが行われ、要件を満たさない場合はインストール処理が続行できないのです。

S 20220224 120332

幸いこのチェックは事前に準備することで簡単に回避可能です。以下その方法を説明します。

vmxファイルにフラグを設定

VMware Fusion 12.2以降の環境で、Windows 11をインストールするには、「managedvm.autoAddVTPM="software"」をvmxファイルに追加する事で、Windows 11の要件を満たすことができるようになります。

新規にWindows 11仮想マシンをセットアップする場合以下の手順を実行します

まずカスタム仮想マシンを作成します。

  • VMware Fusionを起動し「ファイル > 新規 > カスタム仮想マシンを作成」を選択。
  • 「オペレーティングシステムの選択」では「Microsoft Windows > Windows 10以降(x64)」を選択。
  • ファームウェアタイプは「UEFI」。
  • その他必要なカスタマイズを行い仮想マシンを保存。
  • 一度VMware Fusionを完全に終了する。

次に作成した仮想マシンのvmxファイル(例: Windows 11.vmx)をテキストエディタで開き、以下の文字列を追加して保存します。

managedvm.autoAddVTPM="software"
S 20220224 120544

後は仮想マシンにWindows 11のISOファイルやUSBインストールメディアを接続し、通常通りにインストールを開始します。

S 20220224 120710

インストールチェックを通過し処理を続行できます。

まとめ

VMware FusionにWindows 11を手早くインストールするには、vmxファイルにフラグを追加します。同様の手順はVMware Workstation/Playerでも有効です。

スポンサーリンク