MacでiCloud Driveをターミナルで開く方法

Icloud drive

macOSでは、Finderのサイドバーに表示されている「iCloud Drive」を選択することで、iCloud Driveに保存されているファイルにアクセスすることができます。

今回はこのiCloud Driveフォルダを、ターミナルから開く方法を説明します。

一見、OneDriveやDropboxのように、ユーザーのホームディレクトリから簡単にアクセスできそうですが、iCloud Driveの場合すこし複雑なパスとなっています。

iCloud Driveのパスは覚えづらい

iCloud Driveのパスは以下の通りです。

~/Library/Mobile Documents/com~apple~CloudDocs

パスに空白が含まれているため、ターミナルから「cd」したい場合はスペースの前に「\」をつけてエスケープする必要があります(そうしないとスペース部分で分割した文字列だとみなされるためです)。

cd ~/Library/Mobile\ Documents/com~apple~CloudDocs/

絶対パスだと次のようになります(ユーザー名部分は、それぞれのユーザー名に置き換わります)

/Users/sora/Library/Mobile Documents/com~apple~CloudDocs

実際に実行してみた様子です。

S 20220429 171958

パスが覚えられないと言う方は、aliasを設定しておくとよいかもしれません。

alias iclouddrive="cd ~/Library/Mobile\ Documents/com~apple~CloudDocs"

上記のaliasを~/.zshrcに追加しておくと、ターミナルで「iclouddrive」を実行するだけで移動することができます。

まとめ

MacでiCloud Driveのフォルダをターミナルで開く方法を説明しました。直感的に分かりづらいパスですので、頻繁に使う場合alias等を設定しておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク