Apple、iOS 14.8.1とiPadOS 14.8.1をリリース

S 20190604 80407

Appleは本日、iOS 14.8.1とiPadOS 14.8.1をリリースしました(MacRumors)。

iOSとiPadOSの最新版は、MacのFinderやWindowsのiTunes、あるいはiPhone/iPadのソフトウェアアップデート機能を利用してインストールすることができます(設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートより)。

Appleのセキュリティサポートドキュメントによると、今回のアップデートは、Sidecar、WebKit、Voice Control、Status Barなどに関連した多数の脆弱性が修正されている模様。脆弱性のほとんどは実際に利用された形跡はないようですが、唯一IOMobileFrameBufferの脆弱性が悪用された可能性があるとのことです。この脆弱性は、アプリケーションがカーネルの権限で任意のコードを実行することができるというものです。

AppleはiOS 15へのアップグレードを任意とし、希望するユーザーはiOS 14のまま留まることが可能となっています。ただしiOS 14へは新機能は追加されず、脆弱性や不具合の修正のみが行われます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる