Apple、iOS 15.2.1、iPadOS 15.2.1の正式版を公開 - メッセージの不具合を優勢

Ios 15 2 1

Appleは本日、iOSの最新版「iOS 15.2.1」と、iPadOSの最新版「iPadOS 15.2.1」の正式版をそれぞれリリースしました(MacRumors)。

iOSとiPadOSの最新版は、MacのFinderやWindowsのiTunes、あるいはiPhone/iPadのソフトウェアアップデート機能を利用してインストールすることができます(設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートより)。

iOS 15.2.1には、iPhone用のバグ修正が含まれていて、メッセージでiCloudリンクを使用して送信された写真を読み込めないことがある問題や、他社製のCarPlay対応Appで入力に反応しないことがある問題が修正されています。

リリースノートは以下の通りです。

iOS 15.2.1には、iPhone用の以下のバグ修正が含まれます:
* “メッセージ”でiCloudリンクを使用して送信された写真を読み込めないことがある問題
* 他社製のCarPlay対応Appで入力に反応しないことがある問題

なおアップデートのセキュリティサポート資料によると、悪意を持って細工されたHomeKit名がサービス拒否を引き起こし、iPhoneやiPadが動作しなくなる可能性がある問題にも対処が行われているそうです。原因はリソースの枯渇にあり、現在は入力検証を改善することで対処しているとされています。

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる