Apple、iOS 15.3、iPaOS 15.3の正式版をリリース - Safariの脆弱性の修正など

  • URLをコピーしました!

IMG 8423

Appleは本日、iOSの最新版「iOS 15.3」とiPadOSの最新版「iPaOS 15.3」の正式版をそれぞれリリースしました(9to5Mac)。

iOSとiPadOSの最新版は、MacのFinderやWindowsのiTunes、あるいはiPhone/iPadのソフトウェアアップデート機能を利用してインストールすることができます(設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートより)。

iOS 15.3には特に新機能が搭載されておらず、内部的な不具合の修正のみが行われています。

iOS 15.3には、iPhone用のバグ修正とセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

リリースノートでは触れられていませんが、閲覧履歴やGoogle IDのデータが閲覧したWebサイトに流出する可能性のあるSafariの脆弱性が修正されています。このバグはFingerprintJSによって最初に発見され、ウェブサイトがIndexedDBの脆弱性を悪用し、データベース名から個人情報を取得することが可能になるというものです。

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる