Apple、iOS 16.0.2をリリース - カメラ振動バグやコピペバグを修正

Ios 16 0 2

Appleは本日、iOSの最新版「iOS 16.0.2」をリリースしました(MacRumors)。

iOSとiPadOSの最新版は、MacのFinderやWindowsのiTunes、あるいはiPhone/iPadのソフトウェアアップデート機能を利用してインストールすることができます(設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートより)。

iOS 16.0.2では、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで、SnapchatやTikTok、Instagramなどのサードパーティ製アプリを利用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題や、アプリ間でコピー&ペーストすると許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題の修正などが行われています。

リリースノートは以下の通りです。

  • iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで一部の他社製Appを使用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題
  • デバイスの設定中に画面全体が黒くなることがある問題
  • App間でコピー&ペーストすると、許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題
  • 再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題
  • 一部の修理済みのiPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題に対処

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222

スポンサーリンク