Apple、iPadOS 16を発表 - ステージマネージャの導入によるマルチタスク機能の改良など

Apple WWDC22 iPadOS16 hero 220606

Appleは本日、WWDC22でiPadOSのメジャーバージョンアップ版「iPadOS 16」を発表しました(Newsroom)。

iPadOS 16では、ステージマネージャが導入され、複数のウィンドウと外部ディスプレイを使用することができる新しいマルチタスク機能が利用可能となります。

Apple WWDC22 iPadOS16 Stage Manager 220606

ステージマネージャは、アプリケーションとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようにする、新しいマルチタスキング体験で、ユーザーは重なり合う異なるサイズのウインドウを単一のビューで作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリケーションを開いてアプリケーションのグループを作成できるようになります。

Apple WWDC22 iPadOS16 external displays 220606

M1チップを搭載したiPad ProとiPad Airで利用可能なステージマネージャは、最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイをフルサポートし、iPad上に最大4つのアプリケーション、外部ディスプレイに4つのアプリケーションを表示しながら作業できます。

メッセージの強化により、ファイル、Keynote、Numbers、Pages、メモ、リマインダー、Safari、他社製アプリケーションで、共同作業を始めたり共有コンテンツを管理するのがさらに簡単になり、新しい共同作業アプリケーションにより、表示、共有、共同作業のすべてを一か所で行うことができるようになります。メールには、生産性を高めることができる新しいスマートツールが追加されます。

天気アプリの追加や、「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の強化、音声入力、Siri、ホームアプリケーションの改良などさまざまな新機能が追加されています。

iPadOS 16は、今年の秋にiPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けに、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。Apple Developer Programメンバー向けのベータ版は本日よりダウンロード可能で、パブリックベータ版は来月中に提供されます。

スポンサーリンク