Apple、iOS 16を発表 - 過去最大のロック画面のアップデート

Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606

Appleは本日、WWDC22でiOSのメジャーバージョンアップ版「iOS 16」を発表しました(Newsroom)。

iOS 16ではロック画面に過去最大のアップデートが行われています。新しいマルチレイヤーエフェクトにより写真の被写体をロック画面の時刻の手間に配置できるようになり、日付や時刻の表示に使用される新しいフォントが導入されています。

Apple WWDC22 iOS16 Personalized Lockscreen Widgets 220606

Apple Watchのコンプリケーションからインスピレーションを得たウィジェットが利用可能となり、カレンダーのイベント、天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗など、様々な情報を一目で簡単にチェックすることができるようになります。

Apple WWDC22 iOS16 Personalized Lockscreen Add Widgets 220606

ロック画面のギャラリーには、Appleコレクション、天気、アストロノミーの壁紙など幅広い選択肢が容易されており、お気に入りの絵文字や色の組み合わせを使ってロック画面を作成することも可能です。複数のロック画面がある場合は、スワイプするだけでお気に入りの画面を切り替えることができます。

通知はパーソナライズされたロック画面をはっきりと見ることができるように、画面下部から表示されるように再設計され、集中モードはロック画面と関連付けて、ロック画面の壁紙やウィジェットと特定の集中モードを連動させることができるようになっています。

Apple WWDC22 iOS16 CarPlay 220606

家族の写真を一か所にまとめるiCloud共有写真ライブラリや、メッセージのアップデート、メールの強化、ウォレットの改良、CarPlayの強化も行われます。次世代のCarPlayは、車のハードウェアと緊密に統合し、車内にある複数の画面にコンテンツを提供することが可能となります。

iOS 16は今年の秋に、iPhone 8以降の機種に無料のソフトウェアアップデートして提供される予定です。Apple Developer Programに加入している開発者向けのベータ版は本日よりダウンロード可能で、パブリックベータ版は来月中に提供される予定です。

スポンサーリンク