Apple、macOS Venturaを発表 - アプリとウィンドウをシームレスに切り替えることができる「ステージマネージャ」を搭載

Apple WWDC22 macOS Ventura hero 220606

Appleは本日、WWDC22でmacOSのメジャーバージョンアップ版「macOS Ventura」を発表しました(Newsroom)。

macOS Venturaには、アプリケーションとウインドウをシームレスに切り替えながら目の前のタスクに集中することができる「ステージマネージャ」が搭載されます。ステージマネージャでは、開いているアプリケーションとウインドウが自動的に整理され、タスクを素早く簡単に切り替えることができるようになります。

Apple WWDC22 macOS Ventura Stage Manager 220606

ユーザーが作業している現在のウインドウは中央に目立つように表示さるのに対し、ほかの開いているウインドウは左側に表示されることで、タスクの切替が簡単になります。

「連携カメラ」と呼ばれる機能を使用し、MacでiPhoneをウェブカメラとして使えるようになります。パワフルな連係機能により、近くにiPhoneがある場合、iPhoneのスリープ解除や選択をしなくても、MacはiPhoneのカメラを自動的に認識して使うことができます。

Apple WWDC22 macOS Ventura Continuity Camera lifestyle 220606

センターフレーム、ポートレートモード、背景を暗くしてユーザーの顔を美しく照らすスタジオ照明などiPhone独自の機能をMacから呼び出すことができます。また超広角カメラを利用し、ユーザーの顔とデスクを上から見たところを同時に表示するデスクビューを実現します。DIYビデオを作成したりFaceTimeでスケッチを見せたりする場合に便利な機能です。

HandoffのFaceTime対応やSafariのアップデート、Spotlightの強化、最大6人の家族メンバーと一緒に別の写真ライブラリを作成して共有できるiCloud共有写真ライブラリなどさまざまな新機能が搭載されています。

macOS Venturaは今秋に無料のソフトウェアアップデートとして提供される予定です。Apple Developer Programに参加している開発者向けのベータ版は本日よりダウンロード可能で、パブリックベータ版は来月中にリリースされます。

スポンサーリンク