【Kuo】iPhone 15ではLightningポートが廃止されてUSB-Cに移行

S 20190212 94138

Apple製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleは、2023年後半に発売予定のiPhone 15の一部あるいは全てのモデルで、Lightningポートを廃止し、USB-Cに切り替えるだろうとと主張しています(MacRumors)。

Kuo氏はサプライチェーンからの情報を元に、Appleが2023年にLightningからUSB-Cに移行することを分かったと説明しています。USB-Cによって、iPhoneの転送速度や充電速度が向上するメリットもあるとのこと。

Kuo氏は以前、Appleは「当分の間」iPhoneのLightningに固執すると説明しており、その際は、USB-Cへの切り替えが、AppleのMiFiビジネスへ悪影響を与えることや、防水性能の劣化を理由としてあげていました。現在、Appleはそのトーンを変えたとされていて、その理由としてEUからかけられている圧力があげられています。

EUは欧州で販売されるすべてのiPhone、iPad、AirPodsにUSB-Cを採用するようAppleに迫る、新たな法律の成立に向けて準備を進めており、法案が可決されれば、USB-Cを搭載した特別仕様のモデルをヨーロッパに出荷する必要がでてくることになります。

当初の予想では、Appleは完全にポートレスに移行する準備が整うまでiPhoneのLightningポートを維持する見込みでしたが、EUの圧力によって、ポートレスに移行するスケジュールの見直しが必要となり、LightningからUSB-Cへの移行が必要となったのかもしれません。