macOS Monterey 12.2.1正式版がリリース - スリープ中にバッテリーを使い切ってしまうことがある問題が修正

S 20220211 91013

Appleは本日、macOS Montereyの最新アップデート「macOS Monterey 12.2.1」の正式版をリリースしました(MacRumors)。最新版は「システム環境設定 > ソフトウェアアップデート」からインストール可能です。

macOS Monterey Mac App Store
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
FaceTimeの強化や集中モード、クイックメモ機能が導入された最新版。

macOS 12.2.1では、以前より報告されていた、MacにBluetoothを接続している場合に過度にバッテリーが消耗する不具合が修正されています。問題が発生した場合、一晩でスリープ中のMacのバッテリー残量が100%から0%に減少する場合もあり、IntelベースのMacとAppleシリコンベースのMacの両方が影響を受けるとされていました。

また、悪意を持って細工されたウェブコンテンツによって任意のコードの実行につながる可能性のあるWebKitのバグも修正されています。Appleは、この問題が積極的に悪用された可能性があるると説明しています。

リリースノートは以下の通りです。

macOS 12.2.1では、重要なセキュリティアップデートが提供され、Intelプロセッサを搭載したMacコンピュータでBluetooth周辺機器に接続しているとスリープ中にバッテリーを使い切ってしまうことがある問題が修正されています。

アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトで確認できます(記事執筆時は英語版のみ掲載。日本語版は後日追加される予定です)。

日本語版 https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
英語版 https://support.apple.com/en-us/HT201222

スポンサーリンク