【悲報】Microsoft Bingで最も検索されたワードは「Google」だった

S 20211001 112040

EUの反トラスト法の法廷で、Alphabet Inc.の弁護士が「Bingで最も一般的な検索クエリは、圧倒的にGoogleであることを示す証拠を提出した」と述べたことが分かりました(Windows Central)。

Googleの持ち株会社であるAlphabet Inc.の弁護士、Alfonso Lamadrid氏は、「人々がGoogleを利用するのは利用したいからであり、利用を強制しているわけではない。人々は自分の意思でBingを捨てている」と説明しています。

Googleは2018年、同社がAndroidユーザーにGoogle検索の利用を強制しているという主張に基づいて、EUの反トラスト法のターゲットとなり、50億ドルという記録的な罰金の支払いを命じられました。同社はこの判決を覆すために裁判を起こし、強制は事実ではなく、ユーザーが自由意志によってGoogle検索を選択していると主張しています。

Web検索エンジンとしてGoogle検索の人気は圧倒的ですが、Bingは検索活動と引き換えに報酬を得ることができるMicrosoft Rewardsなど独自の機能を提供しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる