Microsoft、ストリーミングゲームデバイス「Keystone」の存在をついに認めるも…

Pexels pixabay 159369

Microsoftが、「Keystone」と呼ばれるXbox Cloudストリーミングデバイスの開発に取り組んでいることがわかりました(MSPoweruser)。

Windows Centralに寄せられたコメントによると、Microsoftは過去数年間、コントローラー以外の追加ハードウェアを必要とせず、あらゆるテレビやモニターに接続できる、コードネーム「Keystone」と呼ばれるストリーミングゲームデバイスに取り組んできたとのこと。

ただし、Keystoneの開発は順風満帆ではなく、現在はデバイスを再評価していると説明しています。

As part of any technical journey, we are constantly evaluating our efforts, reviewing our learnings, and ensuring we are bringing value to our customers. We have made the decision to pivot away from the current iteration of the Keystone device. We will take our learnings and refocus our efforts on a new approach that will allow us to deliver Xbox Cloud Gaming to more players around the world in the future.

技術的な旅の一部として、私たちは常に自分たちの努力を評価し、学んだことを見直し、お客様に価値をもたらしていることを確認します。私たちは、現在のKeystoneデバイスのイテレーションから離れることを決定しました。私たちは、学んだことを活かして、将来、世界中のより多くのプレイヤーにXbox Cloud Gamingを提供できるように、新しいアプローチに力を注ぎます。

Windows Centralに寄せられたコメントはここで終わっており、Keystoneデバイスにどのような変更が加えられるのか、あるいは別のプロジェクトに移行して完全に廃止されるのかは不明です。

以前Microsoftは、Xbox Cloud GamingをスマートTVに提供するために、様々なテレビメーカーと協力する意向も示していましたが、このプロジェクトもどの程度進捗しているかは不明です。

幸いXbox Cloud Gamingは、Game Passの一部として毎月定期的にゲームが追加されており、Microsoftのストリーミングゲームサービス自体が途絶えるわけではなさそうです。