Microsoft Edgeがさらにゴチャゴチャに?電卓やインターネットスピードテスト、単位変換器が組み込まれる模様

FJzh1c1XoAQw3EG scaled

Microsoftは自社の公式ブラウザ「Microsoft Edge」を万能のブラウザとすべく、日々さまざまな新機能を追加し続けています。今回、Microsoft 365のロードマップに掲載された新しい投稿によると、Edgeに間もなく、電卓、単位変換器、スピードテスターの3つのユーティリティが組み込まれる予定であることがわかりました(Neowin)。

S 20220623 110108

Microsoftによると8月のEdgeのアップデートで、サイドバーに「お気に入りのツール」が追加され、サイドバーから「電卓、インターネットスピードテスト、単位変換器など、ウェブを閲覧しながらよく使うツールに簡単にアクセスできる」とのことです。

Easily access commonly used tools while you browse the web, including Calculator, Internet speed test, and Unit converter.

Microsoftは2022年初頭から、Microsoft Edgeの新しいサイドバーのテストを行っており、これまでにいくつかのスクリーンショットがインターネット上に公開されています。この情報によると、時計、電卓、辞書、翻訳、単位変換、インターネットスピードテストなどの各種機能が利用可能となる見込みです。

Microsoft Edgeに対しては、それほど必要とされないニッチな機能が搭載されすぎていて、コンテキストメニューが1画面に収まらないほど長くなっているとの批判が行われています。今回の新機能もシンプルさを重視する一部のユーザーの批判を集める可能性がありそうです。