Microsoft、Windows 11のファイルエクスプローラー広告は外部に公開する意図がないものだったと釈明

Windows placeholder

Windows 11のプレビュービルドで先日、ファイルエクスプローラーにバナー広告が表示されているのが発見され注目が集まりました。Microsoft MVPでTwitterユーザーのFlorian Beauboisは、Twitterに広告が表示された状態のファイルエクスプローラーのスクリーンショットを公開していましたが、Microsoftはそれが意図しないものだったと説明しているようです(The Verge)。

WindowsのシニアプログラムマネージャーであるBrandon LeBlanc氏はThe Vergeへのコメントで次のように説明しています。

This was an experimental banner that was not intended to be published externally and was turned off

これは、外部に公開することを想定していない実験的なバナーであったため、消された。

今回の広告表示は意図しないものだったとのことですが、広告がWindows 11内部で実行できる状態になっていることは明らかで、将来的にファイルエクスプローラーに広告が表示される可能性が無くなったわけではありません。

Microsoftは実際、2017年当時Windows 10のファイルエクスプローラーに同社のクラウドストレージサービス「OneDrive」の大きな広告バナーを表示したことがあり、広告は簡単に消すことができるものの多くのユーザーが不快感を示しました。その他にも、Windows 10のロック画面やスタートメニュー、タスクバーに広告が表示されたこともあるようです。

スポンサーリンク