Microsoft改心?Windows 11でデフォルトブラウザの変更を簡単化する

Windows 11 default browser

Microsoftは、Windows 11でWebブラウザを初めとした既定のアプリの変更を困難とし、多くのユーザーの批判を招いています。

Windows 11のデフォルトブラウザとして採用されている新しいEdgeブラウザは、ライバルのChromeと激しいシェア争いを繰り広げており、デフォルトブラウザの変更機能が削除されたのは、Edgeのシェアを守るためのものではないかともみられています。

しかし今回、Microsoftが方針を転換したのか、Windows 11の最新ビルドでデフォルトブラウザの設定機能が新たに追加されていることがわかりました(MSPoweruser)。

Deskmodderによると、Windows Insider ProgramのDevチャンネル向けの最新ビルド「Windows 11 Build 22509」では、設定の「既定のアプリ」画面に新しいボタンが追加され、デフォルトのブラウザを簡単に変更することができるようになっている模様。

「既定のアプリ」に含まれているChromeやFirefoxを選択すると、アプリ毎の詳細設定画面の上部に「Make XXX your default browser」という項目が追加されていて、横にある「Set default」ボタンをクリックすると、そのブラウザが既定のアプリに設定される模様です。

ただしこのボタンで設定できるのは、HTTPとHTTPSのみで、例えばPDFのデフォルトはEdgeのままに残るようです。正式公開される時期は不明ですが、ユーザーが希望する方向へ進化しているのは確かなようです。

スポンサーリンク