Microsoftのコントロールパネル廃止計画がひっそりと進行中

S 20211203 204404

Microsoftは近年、Windowsのコントロールパネルを設定画面で置き換える長期的な計画を推し進めています。計画はタッチインターフェイスでも操作しやすい新しい設定画面が導入されたWindows 10時代から始まりましたが、メジャーバージョンアップであるWindows 11でも今のところコントローパネルは存在し続けています。

しかし、先日公開されたWindows 11のプレビュー版「Windows 11 Build 22509」では、コントロールパネルのいくつかの機能が設定画面で置き換えられ、この移行作業が依然として進行中であることが明らかとなっています(Softpedia)。

Windows 11 build 22509のリリースノートで、Microsoftはコントロールパネルの変更に関し、以下のように説明しています。

We have moved the advanced sharing settings (such as Network discovery, File and printer sharing, and public folder sharing) to a new page in Settings app under Advanced Network Settings. We’ve made some updates to the device specific pages under Printers & Scanners in Settings to show more information about your printer or scanner directly in Settings when available. Some of the entry points for network and devices settings in Control Panel will now redirect to the corresponding pages in Settings,

高度な共有設定(「ネットワークの検出」、「ファイルとプリンタの共有」、「パブリックフォルダの共有」など)は、「設定」アプリの「高度なネットワーク設定」の中の新しいページに移動しました。「設定」の「プリンタとスキャナ」にあるデバイス固有のページをいくつか更新し、プリンタやスキャナに関する詳細な情報がある場合は、「設定」で直接表示されるようになりました。「コントロールパネル」にあるネットワークとデバイスの設定項目の一部が、「設定」の対応するページに移動するようになりました。

S 20211203 210122

Microsoftはユーザーの混乱を防ぐため、コントロールパネルで移行した機能は、設定画面にリダイレクトするように設定しています。build 22509は特定のリリース結びつけられていないDevチャンネルビルドであるため、一般ユーザーに対して公開される日付は不明ですが、来年予定されている機能アップデートで導入される可能性があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる