Microsoft、Windows 11のCPU要件を変更するもMacがサポートされるかどうかはまだ不明

S 20210828 203928

Microsoftは8月27日(現地時間)、「Update on Windows 11 minimum system requirements and the PC Health Check app」と題したブログ記事を公開し、Windows 11の最小システム要件の変更と、互換性チェックアプリ「PC Health Check app」の再公開を発表しました。

Windows 11の最小システム要件の変更はCPUに関するもので、これまで対象外だった、第7世代Coreプロセッサの一部がサポートされただけで、TPM 2.0を初めとしたその他の要件は変更されていません。

またISOファイルを使ったアップグレードでは、最小要件を満たさない場合でもアップグレードできるという抜け道が存在することも判明しましたが、この場合Microsoftのサポートは期待できず、Windows Updateも実行できない可能性があるとのことです。

Macユーザーにとっては残念なことに、Boot CampによってWindows 11が公式サポートできるのかはどうかは依然として不明です(9to5Mac)。Windows 11にはTPM(Trusted Platform Module) 2.0が必要ですが、AppleはMacでTPMのサポートを提供したことがなく、最小要件が厳密に適用されるとすればWindows 11がMacで正式に動作することはないと考えられるからです。

一部のユーザーは、TPM 2.0のチェックを回避するために、システムファイルを修正し、MacでWindows 11を実行する方法を見つけ出しているそうですが、回避策はMicrosoftによって無効になる可能性があります。MacでWindowsを動かすためには、Windows 11への対応が行われているParallelsなどより安全な方法を検討した方が良いかもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる