SpaceVim v2.0.0がリリース - 新レイヤーが新機能が多数追加

176910121 8e7ca78f 8434 4ac7 9b02 08c4d15f8ad9

Vimディストリビューション「SpaceVim」の最新版v2.0.0が7月2日にリリースされました

SpaceVimは、SpacemacsにインスパイアされたVimエディタのディストリビューションで、プラグインのコレクションをレイヤーで管理し、関連するパッケージをまとめて導入することができます。どのパッケージをインストールするかを考える必要がないため、複雑な設定を管理するオーバーヘッドを減らすのに役立ちます。

v2.0.0では、「lang#cmake」「lang#jr 」「lang#haxe」「lang#postscript」「framework#django」などの多数のレイヤーが追加されています。

また新機能として、chatレイヤーのgitterとIRCのサポートや、ieditモードに対する「b、e、w」キーバインドの追加、autosaveプラグインの実装、vim8のクリップボードやスクロールバーのサポートなどがリストアップされています。

さらに以下のようなキーバインドが追加されています。

  • SPC b ctrl-shift-d: kill buffer by regexp
  • ctrl-shift-left/right: move current tabpage
  • SPC x s s: edit current snippet
  • SPC z .: fonts key bindings
  • SPC b Ctrl-d: kill other buffers
  • SPC b o: kill all other buffers and windows
  • SPC f R: rename current file
  • SPC f v s: view scriptnames

SpaceVimの使用方法はこちらで確認可能です。

スポンサーリンク