Windows 10 May 2021 Updateの一般提供が開始

S 20210519 100242

Microsoftは5月18日(現地時間)、Windows 10の新しい機能アップデートである「Windows 10 May 2021 Update(21H1)」の一般提供を開始したことを発表しました(Neowin)。

当初はWindows 10 Version 2004以降を搭載しているデバイスを対象に提供され、「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」
で「更新プログラムのチェック」を選択し、更新プログラムが表示された場合は「ダウンロードしてインストール」を選択することでインストールすることができます。

機能アップデートは今後数週間にわたり段階的に公開範囲が拡大する予定です。互換性の問題が発生していなくてもWindows Updateで機能アップデートが表示されない場合もありますが、その場合は更新アシスタントやメディア作成ツールを利用してアップグレードする事ができます。

Windows 10 May 2021 Update(21H1)は、Version 2004/20H2のマイナーバージョンアップ版で、
これらのバージョンを使用している場合は「イネーブルメントパッケージ」と呼ばれる小さな更新プログラムを適用するだけで、最新版の機能を使用することができます。

Windows 10 May 2021 Updateの主な新機能は以下の通りです。

  • Windows Helloのマルチカメラに対応し、外部カメラと内部カメラの両方が存在する場合、デフォルトを外部カメラに設定できるようになった。
  • Windows Defender Application Guardのパフォーマンスが向上。
  • Windows Management Instrumentation (WMI)のGroup Policy Service (GPSVC)の更新パフォーマンスを改善し、リモートワークのシナリオをサポート。

リモートワークをサポートするための機能が追加されています。