Windows 10 Version 20H2/21H1/21H2用のプレビューアップデートKB5014666が公開 - 新しいプリント機能の導入や不具合の修正

Windows 10 logo

Microsoftは6月28日(現地時間)、Windows 10 Version 20H2/21H1/21H2用のプレビューアップデートKB5014666を公開しました。

オプション扱いの更新プログラム(プレビュー版)で、多数の不具合が修正されています。

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」を利用するか、Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードすることで、手動でインストールすることができます。

June 28, 2022—KB5014666 (OS Builds 19042.1806, 19043.1806, and 19044.1806) Preview

Windows 10 Version 20H2/21H1/21H2用の累積アップデートKB5014666では、新しいプリント&スキャン機能が導入されています。これには「IPP over USB」のサポートや、「Print support app(PSA)」APIsの導入、印刷ダイアログへのPINコードを入力するためのユーザーインターフェイスの追加、eSCL Mopria Scanプロトコルのサポートが含まれます。

加えて、セキュリティイベント4262とWinRMイベント91に、着信したWindows Remote Management(WinRM)接続のIPアドレス監査が追加され、リモートPowerShell接続の送信元IPアドレスとマシン名のログ取得に失敗する問題が修正されました。

サーバーメッセージブロック(SMB)リダイレクタ(RDR)固有のパブリックファイルシステムコントロール(FSCTL)コードFSCTL_LMR_QUERY_INFOの追加も行われています。

リリースノートは以下の通りです。

ハイライト:

  •  Addresses an issue that prevents the Pashto language from appearing in the language list.

  • Addresses an issue that affects the touchpad area that responds to a right-click (the right-click zone).

  • Addresses a known issue that might prevent you from using the Wi-Fi hotspot feature. 

改良と修正:


  • New!
    Adds IP address auditing for incoming Windows Remote Management (WinRM) connections in security event 4262 and WinRM event 91. This addresses an issue that fails to log the source IP address and machine name for a remote PowerShell connection.


  • New!
    Adds Server Message Block (SMB) redirector (RDR) specific public File System Control (FSCTL) code FSCTL_LMR_QUERY_INFO.


  • New!
    Introducing the following Print and Scan features:

    • IPP over USB support – Microsoft has supported Internet Print Protocol (IPP) for network printers starting in 2018 with the release of Windows 10, version 1809. We are now expanding IPP support to USB printers.

    • Print support app (PSA) APIs – Using the PSA framework, printer manufacturers can extend printer functionalities and user experience. For more information, see Print support app design guide.

    • PIN-protected printing for IPP and Universal Print - Standard print dialogs now include a user interface to enter a PIN code.

    • eSCL Mopria Scan protocol - Windows now supports the eSCL Mopria Scan protocol. It can be used with Mopria certified scanner devices.

  • Addresses an issue that affects the Cloud Clipboard service and prevents syncing between machines after a period of inactivity.

  • Addresses an issue that prevents the Pashto language from appearing in the language list.

  • Enables the InternetExplorerModeEnableSavePageAs Group Policy. For more information, see Microsoft Edge Browser Policy Documentation.

  • Addresses an issue that affects the touchpad area that responds to a right-click (the right-click zone). For more information, see Right-click zone

  • Addresses an issue that affects some certificates chains to Root Certification Authorities that are members of the Microsoft Root Certification Program. For these certificates, the certificate chain status can be, “This certificate was revoked by its certification authority”.

  • Addresses an issue that leads to a false negative when you run scripts while Windows Defender Application Control (WDAC) is turned on. This might generate AppLocker events 8029, 8028, or 8037 to appear in the log when they should not.

  • Addresses an issue that prevents the use of Encrypted File System (EFS) files over a Web-based Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) connection.

  • Addresses an issue that causes a domain controller to incorrectly write Key Distribution Center (KDC) event 21 in the System event log. This occurs when the KDC successfully processes a Kerberos Public Key Cryptography for Initial Authentication (PKINIT) authentication request with a self-signed certificate for key trust scenarios (Windows Hello for Business and Device Authentication).

  • Addresses an issue that causes the LocalUsersAndGroups configuration service provider (CSP) policy to fail when you modify the built-in Administrators group. This issue occurs if the local Administrator account isn't specified in the membership list when you perform a replace operation.

  • Addresses an issue in which malformed XML inputs might cause an error in DeviceEnroller.exe. This prevents CSPs from being delivered to the device until you restart the device or correct the XML.

  • Addresses an issue that causes Microsoft NTLM authentication using an external trust to fail. This issue occurs when a domain controller that contains the January 11, 2022 or later Windows update services the authentication request, is not in a root domain, and does not hold the Global Catalog role. The affected operations might log the following errors:

    • The security database has not been started.

    • The domain was in the wrong state to perform the security operation.

    • 0xc00000dd (STATUS_INVALID_DOMAIN_STATE).

  • Addresses an issue that affects devices enrolled in Update Compliance and have installed the April 2022 Windows non-security or later updates. For more information, see Monitor Windows Updates with Update Compliance. Devices that are enrolled in other Windows diagnostic data processor configuration programs or have a combined enrollment with any of these programs and Update Compliance are not affected.

  • Addresses a known issue that might prevent you from using the Wi-Fi hotspot feature. When attempting to use the hotspot feature, the host device might lose the connection to the internet after a client device connects.

更新プログラムには以下の4件の既知の不具合が存在します。

症状 回避策
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージからWindowsをインストールしたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある。 LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームする必要がある。Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要がある。

  • 以下のコマンドラインでmsuからcabを取り出す。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <destination path> 
  • 以下コマンドラインで、先に抽出したcabからSSUを抽出する。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  • この例ではSSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがる。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを入れる。
KB5003690(2021/6/21公開)をインストールした後、KB5004945(2021/7/6公開)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがある。その場合「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示される。 さらなる情報と回避策をKB5003690で確認可能。
Snip & Sketchアプリでスクリーンショットのキャプチャに失敗したり、キーボードショートカット(Windowsキー + Shift + S)で開けない場合がある。KB5010342以降の更新プログラムをインストールした後に発生。 問題を調査中。
サイトがモーダルダイアログボックスを表示したときに、Microsoft EdgeのIEモードのタブが応答しなくなることがある。モーダルダイアログボックスとは、ユーザーがウェブページやアプリの他の部分にアクセスする前に応答する必要があるフォームやダイアログボックスを指す。 この問題は、KIR(Known Issue Rollback)を使って解決済み。非管理デバイスでは最大24時間で修正が適用される。管理デバイスでは特別なグループポリシーを適用する必要がある。

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク