Windows 11コマンドプロンプトの生産性を改良する新たな機能が開発中

S 20220522 201109

Microsoftが、Windows 11とWindows 10で環境変数を簡単に編集するための新たな機能を開発中であることがわかりました(Windows Latest)。

環境変数には、例えば実行ファイルの場所を探すための「PATH」変数などが存在します。PATHを適切に設定することで、コマンドプロンプトから実行ファイルを素早く呼び出すことが可能になりますが、環境変数の設定はPCに慣れているユーザーにとっては簡単でも、初心者にとっては理解しがたく、操作も難しいものでした。

Microsoftはこの問題を解決するため、環境変数を管理するためのPowerToysの新しいツール「Environment Manager」の開発を始めています。

Microsoftの関係者は、Windowsのデフォルトの環境変数設定画面は「読みやすさ」の点で問題があり、Environment Managerで、環境変数の表示方法の改善や、環境変数のテスト機能、フィルター機能等の便利な機能を追加したいと説明しています。

S 20220522 202614

現在提示されているモックアップは、Windowsデフォルトの機能と同じように動作し、例えば、環境変数を追加する場合、「Add」ボタンをクリックした後、変数名と値を入力する必要があるようです。

Windows標準の環境変数管理機能も徐々に進化していますが、PowerToysに含まれるツールならば、迅速な機能の追加や改良が期待できそうです。