Windows 11でIE11を起動する割とシンプルな方法

S 20220804 201944

Windows 11のデフォルトブラウザは、Chromiumをベースとした「Microsoft Edge」となっており、長い間、Windowsのデフォルトブラウザであった「Internet Explorer 11(IE11)」を起動することはできません。

IEコンポーネント自体はシステム上に存在するため、IEの機能は、Microsoft Edgeの「IEモード」等を経由して利用することはできますが、単体のブラウザGUIを起動することができないのです。

ただし、標準的な方法で起動することはできないものの、特殊な方法で起動することができる抜け道は残っているようです。以下Neowinで紹介されていた、比較的シンプルな方法を紹介したいと思います。

「-embedding」オプションを指定

今回紹介する方法は「iexplore.exe」の引数に「-embedding」オプションを追加するという方法です。iexplore.exe単体で実行してもGUIは表示されないものの、オプションを指定することで、IEの画面が表示されます。

S 20220804 202027

▲Win+Rで「ファイル名を指定して実行」ダイアログを起動し、以下の文字列を入力します。

iexplore yahoo -embedding

yahooの部分は任意の文字列ですが、「-embedding」の前に何か文字列を指定しないとIE11が起動しないようです。

S 20220804 202233

▲指定したオプションがBing検索された状態でIE11が起動します。

ショートカットを作成することも

IE11を頻繁に使用する場合ショートカットを作成することもできます。

S 20220804 202319

▲デスクトップ等で右クリックし「新規作成 > ショートカット」を選びます。

S 20220804 202412

▲項目の場所に以下の文字列を入力し(iexplore.exeをフルパスで指定します)、「次へ」ボタンをクリックします。

C:\Program Files (x86)\Internet Explorer\iexplore.exe" yahoo -embedding
S 20220804 202438

▲「完了」ボタンをクリックすると完了です。

まとめ

Windows 11でIE11を起動する方法はいくつか存在しますが、今回の紹介した方法は割とシンプルで実用的だと思います。

Windows 11を使いこなすための情報は以下のページにまとめています。

Microsoftは2021年10月5日現地、Windowsのメジャーバージョンアップ版「Windows 11」の一般提供を開始しました。 Windows 1

スポンサーリンク