Windows 11の新しいタスクマネージャーデザインを有効にする方法

  • URLをコピーしました!

S 20220121 102630

Microsoftは現在、Windows 11の内蔵アプリやOSのルック&フィールを、完全にモダンなデザインで統一するための作業を進めています。

最新プレビュー版の「Windows 11 Build 22538」でも、デフォルトで非表示化されており、バギーであるものの、Fluent Designを採用した新しいタスクマネージャーアプリが埋め込まれていることが発見されています。

タスクマネージャーは、システム上で実行中のプロセスに関する情報を表示し、それらを管理することができるシステム監視ツールです。新しいデザインにはヘッダー付きとヘッダー無しの二つのバージョンがあり、vivetoolを使用して手動で有効化することができます(Techdows)。

以下その方法を説明します。

目次

Windows 11のタスクマネージャーの新しいデザインを有効化

Windows 11のタスクマネージャーの新しいデザインを試したい場合、以下の手順を実行します。

  • ViveToolをGitHubからダウンロードする。
  • ダウンロードしたファイルを解凍する。
  • フォルダで右クリックし「Windowsターミナルで開く」を選択する。
  • ヘッダありのバージョンを有効にする場合以下を実行。
    vivetool addconfig 36898195 2
  • ヘッダなしのバージョンを有効にする場合以下を実行。
    vivetool addconfig 35908098 2
  • タスクバーを再起動すると新しいデザインが有効になる。

元に戻したい場合以下を実行します。

  • 上記手順で有効にしたほうを無効化する。
    vivetool delconfig 36898195 2
    vivetool delconfig 35908098 2

なお、手元の環境ではヘッダーなしの「35908098」の方しか有効化できませんでした。

S 20220121 101611

▲現行のWindows 11のタスクマネージャーと比較すると、より自然な感じで今後に期待が持てそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる