Windows 11 Version 22H2の新機能まとめ

S 20220518 120802

Microsoftは2022年の後半、Windows 11の新しい機能アップデート「Windows 11 Version 22H2」をリリースする予定です。

22H2は、ここ数回Winows 10用に提供されてきた機能有効化パッケージではなく、フルビルドアップデートとして提供され、多数の新機能や改善点が含まれると見込まれています。

以下、Windows 11 Version 22H2に含まれる予定の新機能をまとめて紹介したいと思います。なお22H2の新機能はまだ確定しないため、今後変更があれば更新していきたいと思います。

スタートメニューの改善

22H2ではスタートメニューの改良が行われます。

S 20220518 120215

▲スタートメニューのレイアウトをカスタマイズすることができる機能が追加され、「ピン留め」セクションを増やしたり、「おすすめ」セクションを増やしたりすることができるようになっています。

Microsoftは、Windows Updateの改良を進めており、「Windows Feature Experience Packs」によってスタートメニューの機能が改善されることがあります。

タスクバー

タスクバーにドラッグ&ドロップ機能が復活する可能性があります。ピン留めしたアプリにファイルをドラッグ&ドロップして開いたり、アプリをタスクバーにドラッグ&ドロップしてピン留めすることができるようになります。

タスクマネージャー

タスクマネージャーも刷新されます。

S 20220518 120421

タスクマネージャがFluent DesignとWinUIに基づいた新しいデザインに更新されます。プロセスやパフォーマンス、アプリの履歴、スタートアップアプリといった情報を確認できるのは従来のタスクマネージャーと同じですが、各機能の切替にはサイドバーのメニューを使用します。これによってタッチスクリーンデバイスでもタスクマネージャーを簡単に扱うことができるようになっています。

フライアウトのデザイン

輝度やサウンド等のハードウェアインジケーターのデザインが更新されます。ロック画面などに表示されるメディアコントロールのデザインもWindows 11のデザイン原則が反映されています。

スナップ機能の強化

スナップレイアウトのアプリウィンドウのサイズを変更することができるエクスペリエンスが更新されます。

タブレットに最適化されたタスクバー

折り畳みや展開をサポートしたタブレット向けのタスクバーが導入される可能性があります。

  • 折りたたみ状態: タスクバーが折りたたまれて画面スペースが広くなり、誤ってタスクバーを起動してしまうことを防ぐ。
  • 展開した状態: タスクバーがタッチ操作で使いやすいように展開される。

ファイルエクスプローラー

S 20220408 94405

ホームページが「ホーム」と呼ばれるようになり、「クイックアクセス」という名称が、ピン留め/よく使うフォルダのセクションに再利用され、ピン留めされたファイルは、OfficeやOneDriveと整合性を高めるため、「お気に入り」という名称に変更される。

Windows Spotlight

Windows 10 is finally getting the desktop feature everybody wanted 532451 2

デスクトップの背景を変更できる「Windows Spotlight」が導入。