Microsoft、Windows Serverで「WSL2」を公式にサポート

Wslwindowsserver

Microsoftは6月21日(現地時間)、Windows Server 2022で、「Windows Subsystem for Linux(WSL) 2」ディストリビューションが動作するようになったことを発表しました。この変更によりWindows ServerとDesktopで、同じ最新のWSLディストリビューションが利用可能となったことになります。

Windows Serverで「WSL2」を利用するには、6月の月例更新プログラムKB5014678がインストールされている必要があります。更新プログラムはWindows Updateを利用してインストール可能です。

WSLを使い始めるには、管理者権限でPowerShellを開き以下のコマンドを入力します。

wsl--install

WSLの使用方法に関しては、以下のドキュメントも確認可能です。

技術的な問題はWSLのリポジトリに報告することができます。またWSLチームのTwitterアカウントをフォローすることもできます。