Windows 10の最新の機能アップデート「22H2」の存在が確認 - アップグレード方法も

Windows 10 logo

MicrosoftはWindows 10の後継版であるWindows 11を発表しましたが、Windows 10も少なくとも2025年まではサポートされる予定です。今回、Windows 10の次期機能アップデート「22H2」が準備中で、コマンドを打ち込んで実際にアップグレードできることがわかりました(Neowin)。

Twitterユーザー@he45076932氏は以下のような情報を共有しています。

Windows 10用の最新のオプションアップデートKB5014666を適用した環境で、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを貼り付けて実行すると22H2を有効化できるとのこと。

dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-Product-Data-22h2-EKB-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-Product-Data-22h2-EKB-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-Product-Data-22h2-EKB-Wrapper-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-Product-Data-22h2-EKB-Wrapper-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-UpdateTargeting-ClientOS-22h2-EKB-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-UpdateTargeting-ClientOS-22h2-EKB-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-UpdateTargeting-ClientOS-22h2-EKB-Wrapper-Package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.1806.mum
dism /online /add-package /packagepath:%windir%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-UpdateTargeting-ClientOS-22h2-EKB-Wrapper-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.1806.mum

変更を取り消すには、各行のadd-packageをremove-packageに置き換えて、管理者として実行します。

残念ながらWindows 10 Version 22H2を強制的に有効化しても、新しい機能は得られないとのことです。22H2は、ここ数回のWindows 10用の機能アップデートと同様、機能有効化パッケージを利用した、マイナーリリースになる可能性が高いとみこまれています。

今回の発見は、新機能の追加よりも、MicrosoftがWindows 10を完全に見捨てていないことを裏付ける意味で、重要性が高いのかもしれません。

スポンサーリンク