Microsoft、Windows 10へのWindows Subsystem for Linux (WSL)のインストールを簡単化する

Wslinstall

Microsoftは10月29日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview Build 20246に、Windows Subsystem for Linux (WSL)をワンステップでインストールすることができる「wsl --install」コマンドを追加した事を発表しました。

wsl --install を実行すると、WSLに必要なすべてのコンポーネントが自動的に有効化されるとともに、デフォルトのLinuxディストリビューションのインストールまでワンステップで実行することができます。

パラメータなしでwsl --installを実行した場合、Ubuntuがインストールされます。wsl --install -d ディストリビューション名(例:Debian)と実行すると指定したディストリビューションをインストールする事が可能です。利用可能なディストリビューションの全リストを表示したい場合はwsl --list --onlinを実行します。

Wsllistonline

現在以下のLinuxディストリビューションが利用可能です。

  • Ubuntu
  • Debian
  • kali-linux
  • openSUSE-42
  • SLES-12
  • Ubuntu-16.04
  • Ubuntu-18.04
  • Ubuntu-20.04

Microsoft Storeで提供されている全てのLinuxディストリビューションのインストールに対応しているわけではありませんが、今後サポート対象が拡大する可能性は多いにあると考えられます。

スポンサーリンク