ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル NyanFi
URL http://nekomimi.la.coocan.jp/
バージョン 1.508   1.507   1.506   1.505   1.504   1.503   1.502   1.501   1.500   1.499   1.498  
更新日 2021/11/25
追加日 2016/02/03
種別 フリーソフト
説明 キーボード操作主体の2画面ファイラー。

スクリーンショット

レビュー

ほとんどの操作をキーなどに割り当てられたコマンドから実行できる2ペイン型のファイラー。メニューバーを非表示にして表示領域を拡大することもできる。

ファイルやフォルダのコピーや移動といったファイル操作関連機能のほか、ファイルリストでEnterキーを押すことにより、テキストビューアやイメージビューアを呼びだしたり、圧縮、解凍にも対応している。

更新グラフ

バージョン履歴

2021/11/25 ver 1.508

32ビット版 V15.08  nyanfi1508.zip 2021-11-24 6.4 MB (ソースコード付)
MD5: 72650a63503ca9c658800d6c63c17da4
64ビット版 V15.08  nyanfi64_1508.zip 2021-11-24 7.0 MB (ソースコード付)
MD5: 73a9ad9c012efa9fbde0b2fc9bbecec3
V15.08
・開発環境を C++Builder 11 にアップデート。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「除外テキストを設定」を追加。ここで設定したテキストがウィンドウタイトルに含まれているアプリケーションは一覧から除外されます。
・ファイラーのタブをマウスで切り替えると、カーソルキーなどの特殊キー以外を受け付けなくなる場合があったのを修正。

2021/11/05 ver 1.507

32ビット版 V15.07  nyanfi1507.zip 2021-11-04 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 6b7fef17cda37aa1bf7e6d1ae721f664
64ビット版 V15.07  nyanfi64_1507.zip 2021-11-04 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 55cbd02cc689e44c307c48dc55e6546e
V15.07
・名前の変更ダイアログに「カーソル保持」オプションを追加。チェックすると、単独改名を行った後で、カーソルを元の位置から移動しません。
・名前の変更ダイアログのMP3タブで、ID3タグ情報による改名が正しく動作しない場合があったのを修正(V14.88 C++Builder の仕様変更?)。

2021/09/23 ver 1.506

32ビット版 V15.06  nyanfi1506.zip 2021-09-22 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 0f56de7ced408a1fb6526ed3e144c448
64ビット版 V15.06  nyanfi64_1506.zip 2021-09-22 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 439df9ca84c1f0b8391e2867b5e3bb81
V15.06
・NyanFi.INI の隠しオプションとして [Option] NoRoundWin を追加。NoRoundWin=1 に設定すると、NyanFi の各ウィンドウ(コモンダイアログは除く)に対して、Windows 11 の角丸表示を抑止します。

2021/07/22 ver 1.505

32ビット版 V15.05  nyanfi1505.zip 2021-07-22 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: e53c5da94cf3b15a53eff18a6c782f05
64ビット版 V15.05  nyanfi64_1505.zip 2021-07-22 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 3950e8ad9a0027ba7b8acee37bd85519
V15.05
・スケーリングが100%より大きい場合、フォントサイズのスケーリングが適切に行われていない箇所があったのを修正。なお、オプション設定などで指定する値は、スケーリング100%でのポイント数に相当します。各ウィンドウ/ダイアログが表示されると、表示モニタのスケーリングにしたがって各部のフォントが動的に割り当てられます。

2021/07/11 ver 1.504

32ビット版 V15.04  nyanfi1504.zip 2021-07-11 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: aec9b623dfda156a62aee1f6c87c0994
64ビット版 V15.04  nyanfi64_1504.zip 2021-07-11 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 5610abee2c9d5abcc803b940fb1f4f5a
V15.04
・スケーリングが100%より大きい画面で起動した場合、スモールアイコンがスケーリングされなかったのを修正。ただし、起動後にスケーリングの異なるモニタにメイン画面を移動させた場合、ツールバーやユーザ定義ポップアップメニューのアイコン表示サイズはそのままになります。

2021/07/10 ver 1.503

32ビット版 V15.03  nyanfi1503.zip 2021-07-09 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 680d11064483a0fb1a45a21ca3c61c45
64ビット版 V15.03  nyanfi64_1503.zip 2021-07-09 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: acac2599ce618953c912c10cefd77035
V15.03
・画面サイズ変化時のファイルリストの比率維持を、内部的にコマンドを介さずに直接処理するようにしました。
・オプション設定 - イベント で、コマンドの先頭に ; を入れて無効にした場合、一覧での文字色を加減することで見やすくしました。
・スケーリングが100%より大きい画面上で、メイン画面以外のサイズ保存/復元が正しく行われない場合があったのを修正。

2021/07/08 ver 1.502

32ビット版 V15.02  nyanfi1502.zip 2021-07-08 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 57e0669d7651f538dc6b720c0bdb8dc8
64ビット版 V15.02  nyanfi64_1502.zip 2021-07-08 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 3ab3e4ea5ffdcfe81c2bfe113774929b
V15.02
・ファイラーに WinTerminal コマンドを追加。Windows Terminal (要インストール)を起動します。パラメータに RA を指定すると管理者として実行。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「プライマリモニタに移動」と「モニタ番号を表示」を追加。
・特殊フォルダ一覧で、ディレクトリにローカライズされた名前が設定される場合、それを表示するようにしました。ない場合はディレクトリ名をそのまま表示します。なお、desktop.ini で名前が設定されているディレクトリのファイル情報に「表示名」という項目でそれを表示するようにしました。
・マルチディスプレイ環境で「動作環境情報をコピー」(ListNyanFi)を行った場合、メイン画面のスケーリングとモニタ番号/モニタ数を取得するようにしました(例: 125% (Monitor:3/3))。
・文字列検索(GREP)で正規表現でない検索文字列に \s や \t を使った場合、結果リストでヒット箇所が強調表示されなかったのを修正。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ で「前回終了時のサイズ」を選択している場合、スケーリングが100%より大きいと画面サイズが正しく保存/復元されなかったのを修正。
・スケーリングが100%より大きい場合、WinPos コマンド(パラメータなし)で起動時の画面サイズに戻らなかったのを修正。

2021/07/06 ver 1.501

32ビット版 V15.01  nyanfi1501.zip 2021-07-06 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 99e6e435fa29b7b3ed57d3baa462c087
64ビット版 V15.01  nyanfi64_1501.zip 2021-07-06 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 7e0db019cbb45385427bcdc0138d0041
V15.01
・AppList コマンドのランチャーで、空でないディレクトリも削除できるようにしました。
・ランチャーがインクリメンタルサーチの場合、"*"、"?"、" " のいずれかを入力すると、すべての項目が表示されるようにしました。また選択項目がある状態で通常モードに戻ると、その項目位置になるようにしましした。
・ランチャーのディレクトリは、トップからの相対パスを左揃えで表示するようにしました。
・ランチャーの右クリックメニュー「このディレクトリに移動」は、トップディレクトリではなく現在開いているディレクトリへ移るようにしました。インクリメンタルサーチモードの場合は選択項目があるディレクトリに移ります。
・SelOnlyCur コマンドのパラメータに OD、FD を追加。OD ではカレント側にあって反対側には存在しないディレクトリだけを、FDではファイルとディレクトリの両方を選択します。

2021/07/02 ver 1.500

32ビット版 V15.00  nyanfi1500.zip 2021-07-02 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 16c371813d75c54728c85fb56a363d8f
64ビット版 V15.00  nyanfi64_1500.zip 2021-07-02 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 45714b63149df94dcb7b3c81c16b7d1c
V15.00
・アプリケーション一覧で、UWPアプリのアイコン表示に対応しました。またプロセス情報は、ApplicationFrameHost ではなくアプリのものを表示するようにしました。「アプリケーション情報」では、クラス名が ApplicationFrameWindow (Windows.UI.Core.CoreWindow) となります。なお、ウインドウID、インスタンス、プロシージャ、ユーザデータの表示は廃止。

2021/06/25 ver 1.499

32ビット版 V14.99  nyanfi1499.zip 2021-06-25 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: 8a9230b27532b8ad1f1e958eccabe11c
64ビット版 V14.99  nyanfi64_1499.zip 2021-06-25 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 3eb05c691b8a4f25c44ab860747ffb67
V14.99
・テキストプレビューの右クリックメニューに「文字コード変更」を追加。また、テキストプレビュー/テキストビュアーで文字コードを変更すると、コードページがファイルの代替データストリーム(nyanfi.def)に保存され、次回表示時にもそれが用いられるようにしました。

2021/06/08 ver 1.498

32ビット版 V14.98  nyanfi1498.zip 2021-06-07 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: e07bcc0dcfe5254b7f57be694f334f5f
64ビット版 V14.98  nyanfi64_1498.zip 2021-06-07 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: f3154af3800d144e3ad44155cd8ae31f
V14.98
・テキストビュアーでユニバーサル文字名や数値文字参照/文字実体参照を選択している場合、文字情報(CharInfo)にその内容を表示するようにしました。また、文字情報の右クリックメニューに、「ユニバーサル文字名をコピー」、「数値文字参照(10進数/16進数)をコピー」、および「フォント名を表示」を追加。
・関数一覧/ユーザ定義文字列一覧/マーク行一覧で、リストボックスにフォーカスがないときに点線カーソルを表示するようにしました。これによって、フィルタ欄で↑/↓キーなどを用いた際の項目位置を確認できます。