EdgeDeflector v1.2.3.0がリリース - Windows 11でも好みのブラウザを使用可能

S 20210905 93647

Windows 10に新しく追加された「ニュースと関心事項」ウィジェット等の動作を変更することができる「EdgeDeflector」の最新版 v1.2.3.0がリリースされました(Neowin)。

EdgeDeflectorは、ニュースと関心事項、ヘルプダイアログ、Cortanaなどのリンクを開く際に、Edgeブラウザが強制される仕組みを変更し、Windowsのデフォルトブラウザが起動できるようにするツールです。

EdgeDeflector v1.2.3.0は、v1.2.2.0がリリースされてから数ヶ月後に公開された新バージョンで、リリースノートは以下の通りです。.NET Framework 4.8に対応したほかいくつかの不具合が修正されています。

  • Fixed an issue where the app wouldn’t launch when installed to a directory path containing a space. (Contributed by @ajay4q.)

  • Fixed an issue where the app would be shown without an icon in some Windows dialogs. (Spotted by @BinToss.)

  • Updated to .NET Framework 4.8.

EdgeDeflectorはWindows 11でも動作し、Windows 11の新機能であるウィジェットのリンクを開く際に、デフォルトブラウザを使用することができるようになります。

Windows 11では以下の手順で導入可能です。

  • EdgeDeflectorをインストール。
  • 「設定 > アプリ > 既定のアプリ」を選択。
  • 下にスクロールし「リンクの種類で規定値を選択する」を選ぶ。
  • 「MICROSOFT-EDGE」を検索。
  • クリックしてEdgeDeflectorを設定する。

詳しくは以下の記事でも紹介しています。

Windows 10でリンクをクリックすると通常はデフォルトのWebブラウザで情報が表示されます。 しかし場合によっては「ニュースと関心事項」のリンクのように、「Mi