OneDrive sync client for Windowsの64bitプレビュー版が登場

S 20210409 93042

Microsoftは本日、64bit版の「OneDrive sync client for Windows」のパブリックプレビューを公開したことを発表しました(Neowin)。

64bit版アプリはシステムのメモリをより多く使用することができるため、大容量ファイルや多数のファイルを扱う必要がある場合、64bit版を使用することが推奨されます。

OneDrive sync client for Windowsは、Windows 10に標準で組み込まれているほか、旧バージョンのWindowsにもインストールでき、クラウドストレージ「OneDrive」上のファイルをローカルマシンに簡単に同期することができるというソフトウェアです。ファイルエクスプローラーに統合されているため、OneDrive上のファイルやフォルダをローカルファイルと同じ感覚で行うことができるという特徴を持っています。

64bit版のOneDriveを使用するには、64bit版のWindowsを搭載したx64プロセッサのPCが必要です。Windows on ARMデバイスは64bitアーキテクチャを採用していますが、x64プロセッサ向けアプリはまだサポートされていないため(現在Insidersでテスト中)、32bit版のクライアントを引き続き使用する必要があります。

32bitから64bitに移行する(またはその逆)には、インストールするOneDriveのバージョンが現在使用しているものと同じか、それよりも新しいものである必要があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる