MicrosoftがFlashキラープログラムKB4577586をWindows Updateで提供開始

S 20210218 204224

Microsoftが、WindowsデバイスからAdobe Flash Playerを削除するための更新プログラムKB4577586の提供をWindows Updateで開始したことがわかりました(gHacks)。

KB4577586は現時点ではオプションの更新プログラムと位置づけられていて、Windows Updateで「更新のチェック」ボタンをクリックすると表示される場合があるという状態です。ロールアウトはコントロールされていて、すべてのデバイスに同時に提供されるわけではありません。

Microsoftは2020年10月にKB4577586の提供を開始しましたが、当初はWindows Updateでは提供されておらず、Microsoft Update Catalogからのみダウンロード可能でした。Windows 10 Version 1809以降および、Windows 8.1向けに提供されていて、Windows 7はFlashがオペレーティングシステムの一部として提供されていないため対象外となっています。

更新プログラムを適用すると、オペレーティングシステムからFlashが削除されますが、Microsoftが提供するFlashのみが削除されることに注意が必要かもしれません。Flashコンポーネントを搭載したブラウザなど、サードパーティ製のアプリケーションによってインストールされたFlashは削除の対象外です。

更新プログラムを一度インストールすると、アンインストールすることはできず元に戻すにはバックアップからの復元やPCのリセットが必要となります。