Microsoft、Windows 11の最新版でWindows 10スタートメニュー復活ハックを無効化する

Classic Start menu

Windows 11の最大の変更点はタスクバーとスタートメニューにあるといっても良いかもしれません。開発中止となったWindows 10Xのように、スタートメニューやタスクバーが画面の中央に配置されているのが特徴ですが、これまでのWindows風の画面配置を好むユーザーは以前のレイアウトを復活させる方法を探していたようです。

実際Windows 11の最初のプレビュービルドではレジストリ値を変更することで上記のようなWindows 10風のスタートメニューや、タスクバーを表示する方法が発見されていたのですが、このテクニックがWindows 11 Build 22000.65では無効化されていることがわかりました(Windows Latest)。

Windows LatestによるとレジストリハックはWindows 11 Build 22000.65ですべてのエディション/SKUで利用できなくなっており、レジストリを変更していた場合、累積アップデートの適用によって自動的に変更が元にも取り、Windows 11本来の新しいスタートメニューが再び有効になるとのことです。

New Start menu search bar

なおBuild 22000.65ではスタートメニューに検索ボックスが追加されるといった変更も行われており、Windows 11の正式公開までUIの調整が続けられることになりそうです。