Microsoft、Windows 10で印刷時にブルースクリーンが発生する問題を修正する緊急パッチを公開

S 20210316 100259

Windows 10用の3月の月例更新プログラムを適用すると、特定のプリンターを使用している場合に、印刷時にブルースクリーン(APC_INDEX_MISMATCH)が発生し、PCがクラッシュするという重大な問題が報告されています。

不具合はType 3のプリンタードライバーを使用している場合に発生し、Microsoftはコマンドプロンプトを使用する回避方法を提案していたなか、不具合を修正する定例外の更新プログラムがようやく公開されました。

影響を受けるWindows 10の各バージョンに対し以下の更新プログラムが提供されています。

それぞれオプションの更新プログラムで、Windows UpdateあるいはMicrosoft Update Catalogを使用して手動でインストールすることができます。

March 15, 2021—KB5001567 (OS Builds 19041.868 and 19042.868) Out-of-band

Version 2004/20H2用の更新プログラムKB5001567では、一部のアプリケーションで、特定のプリンターに印刷しようとするとブルースクリーン(APC_INDEX_MISMATCH)エラーが発生することがある問題が修正されています。

ハイライト:

  • Updates an issue that might cause a blue screen when you attempt to print to certain printers using some apps.

改良と修正:

  • Addresses an issue that might cause a blue screen when attempting to print to certain printers using some apps and might generate the error, APC_INDEX_MISMATCH.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

  • Windows 10 Version 1809以降のWindows 10からそれより新しいバージョンのWindows 10にアップデートするとシステム証明書およびユーザー証明書が失われる可能性がある。
  • ふりがなを自動入力できるアプリで、日本語IMEを使って漢字を入力すると、正しいふりがなが出てこない場合がある。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク