Windows 11のスタートメニューを左に表示できるレジストリハックが早速みつかる

Classic start menu windows 11

Windows 11のスクリーンショットや動画がインターネットでリークされて大きな話題となっています。

Windows 11はWindows 10Xの要素を取り入れており、スタートメニューやタスクバーのアイコンが画面の中央付近に配置されていますが、Windows 10のようにスタートメニューを画面左側に表示する方法が存在する事がわかりました(MSPoweruser)。

以下の手順を実行します。

  • regeditを開く。
  • 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\ Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced\」キーに移動。
  • Start_ShowClassicModeという名前のDWORD値を作成。
  • 値を1に設定する。

また、「設定」の「個人設定」>「タスクバー」のオプションを使ってスタートボタンを移動させることもできる模様です。この方法により角が丸くなったことを除けば、Windows 10とほとんど見分けがつかないUIを使い続けることができそうです。

スポンサーリンク