MicrosoftのWindows 365 Cloud PCの価格が判明

Cloud pc pricing

Microsoftは昨日、パートナーカンファレンス「Inspire 2021」で、任意のデバイスから「Windows 10」または「Windows 11」を使用できる新しいクラウドサービス「Windows 365 Cloud PC」を発表しました。Windows 365 Cloud PCは、Azure Virtual Desktopサービスをベースに構築されており、8月2日より組織向けに提供される予定です。

Microsoftはまだこのサービスの価格を明らかにしていませんでしたが、本日プレゼンテーションの中で、特定の構成のコストが判明したことがわかりました(MSPoweruser)。

上記スクリーンショットによると、2つのCPU、4GBのRAM、128GBのストレージを搭載した構成で月額31ドルとのこと。これは全体のユーザー数が300人以下の企業向けに提供されるWindows 365 Businessオプションの一部となっています。

Microsoftは8月2日の一般販売開始時に構成と価格の両面でさらに多くのオプションを提供する予定だと説明しています。

Windows 365を使用すると、企業はニーズに応じてクラウドPCのサイズを選択することが可能となり、ユーザーごとに月々の価格を予測することができるようになります。

Windowsはクラウド上で実行されるため、ユーザーは自分専用のクラウドPCをインスタントオンで起動し、ビジネスアプリケーションや、データ、設定をデバイス間でストリーミングすることが可能です。Windows 365 Cloud PCへのアクセスに必要なのはWebブラウザだけで、Mac、iPad、Linux PC、Androidデバイスなど、どのデバイスからでもWindows 365を利用することができます。