ソフトウェア考古学者がWindows Vistaの前身にAeroエフェクトの最初の兆候を発見

Windows longhorn blur

Windowsの特徴的なぼかし効果「Aeroエフェクト」の最初の兆候が、Windows Vistaの前身であるWindows Longhorn Build 4020で確認されたことがわかりました(Windows Central)。

evil_pro_というTwitterユーザーが、Windows Longhorn Build 4020を搭載した実際のハードウェアで確認したとのことです。エフェクトのコードはBuild 4015と4017にもあるものの、Build 4020のようには動作しないと報告されています。

Windows Longhornの開発計画は2004年にリセットされましたが、AeroエフェクトなどLonghornのいくつかの要素は、Windows Vistaを含むWindowsの後継バージョンに採用されました。

Aeroエフェクトは、PCグラフィックスを使用して、Windowsインターフェースの一部をレンダリングします。Microsoftはその後OSの要素をぼかすために別のアプローチを採用し、Windows 11では、デスクトップの壁紙を一度だけサンプリングする、システムリソースの使用量が少ないmicaを採用しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる