【悲報】尼崎市が46万人分の住民データが入ったUSBメモリーを紛失【更新】

Pexels anete lusina 4792750

兵庫県尼崎市は6月23日、約46万人分の住民データが入ったUSBメモリーを紛失したことを明らかにしました(NHKCNET Japan)。

USBメモリには、全市民46万517人分の住民基本台帳の情報(統一コード、氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、住民となった年月日)に加え、36万573件分の住民税に関わる税情報が含まれていたとのこと。

さらに非課税世帯等臨時特別給付金における対象世帯情報が、2021年度分が7万4767世帯分、2022年度分が7949世帯分、生活保護および児童手当受給世帯の口座情報がそれぞれ1万6765件分と6万9261件分含まれていたそうです。

USBメモリーは、新型コロナに関係した支給金の給付業務を委託していた業者が、21日、紛失しました。業者が市の許可を得ず、USBメモリーで個人情報を持ち運び、大阪・吹田市にあるコールセンターでのデータ移管作業を行い、作業完了後、飲食店に立ちより食事をすませた後の帰宅時にUSBメモリーを入れたかばんの紛失が判明した模様。

USBメモリにはパスワードがかけられていて、暗号化処理が施されており、現時点で外部への漏洩は確認されていないそうです。

2022/06/24(金)更新: ITmediaによると会見でパスワードが13文字で、1年ごとに変更しているという大ヒントが漏らされてしまったとのこと。パスワードのクラックがより容易となる事が懸念されています。