AppleのCraig Federighi氏、「ステージマネージャ」がM1 iPad限定機能である理由をさらに詳しく説明

Ipados 16 stage manager

Appleのソフトウェアエンジニアリング主任のCraig Federighi氏が、iPadとMacの新機能である「ステージマネージャ」についてTechCrunchのMatthew Panzarino氏のインタビューに答え、特にステージマネージャがM1 iPadに限定されている理由について詳しく説明していることがわかりました(MacRumors)。

ステージマネージャは アプリケーションウィンドウのリサイズをサポートし、iPadのマルチタスク機能を劇的に改善できるとAppleが説明している機能です。最大6Kの解像度を持つ外部ディスプレイを完全にサポートし、iPad上で最大4つのアプリケーション、外部ディスプレイ上で最大4つのアプリケーションを同時に操作することができます。

Appleは先週、ステージマネージャは「大容量の内部メモリ、信じられないほど高速なストレージ、柔軟な外部ディスプレイI/Oを必要とし、これらはすべてM1チップを搭載したiPadによって実現される」と断言しました。

Federighi氏は、この根拠を詳しく説明し、M1チップのパワーによってステージマネージャで使用されているすべてのアプリケーションが「瞬時に反応する」ことを保証していると述べています。

大容量のDRAMと、超大容量の高性能NANDを組み合わせたM1 iPadだからこそ、仮想メモリのスワップが超高速になり、最大8つのアプリを瞬時に反応するようにできるとし、前の世代のiPad Proなど、他のシステムはその能力を持っていないと説明しています。

Federighi氏は、ステージマネージャをできる限りどこでも利用できるようにしたいが、M1 iPad外のモデルはその要件を満たしていないと説明しています。

また、Macのステージマネージャに関しては、macOSには、Mission ControlやCommand-Tabキーボードショートカットによるアプリケーションの切り替えなど、「非常に多くの異なる」マルチタスクの方法があり、ステージマネージャは単にツールボックスの別のツールであるとコメントしています。

スポンサーリンク