Windows 10からアップグレードするのに「Windows 11 22H1」を待つ必要はない

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

慎重派のWindowsユーザーの方は、Windows 11にアップグレードするのを、最初の機能アップデートがリリースされるまで待っているかもしれません。

ところが、MSPoweruserは、Windows 11の場合、「Windows 11 22H1」を待つ必要がない(そもそもリリースされない)と主張しています。

Thurrott.comによると、Microsoftは2022年10月にWindows 11のメジャーバーアップデートを配信する予定で、Microsoftが1年に1回の機能アップデートを約束していることから、Windows 11 22H1はリリースされないことになります。

The next “full OS update” is expected in October 2022, given that Microsoft has promised annual feature updates.

マイクロソフトが毎年の機能アップデートを約束していることから、次回の「OSフルアップデート」は2022年10月と予想されます。

ただしこれは、Windows 11の新機能の追加を、機能アップデートの提供まで待たないといけないという事を意味しておらず、必要な機能や改善点の一部は毎月の累積アップデートに含まれて提供されるようになるとのことです。

MicrosoftはWindows 11 Build 22509のリリースノートで以下のように説明しています。

New features and OS improvements from [Windows Insider] builds could show up in future Windows releases when they’re ready, and we may deliver them as full OS updates or servicing releases.

Windows Insider "ビルドの新機能やOSの改善点は、準備が整えば将来のWindowsリリースに現れる可能性があり、OSのフルアップデートやサービスリリースとして提供することもあります。

すなわち、Microsoftが現在、Windows 11のDevチャンネルビルドでテストしているスタートメニューやタスクバーの改善は、来年末の機能アップデートをまたず製品版に反映される可能性があることになります。

機能アップデートのリリースを待っている方は、これまでの慣習を変えて少し早めにWindows 11をインストールしてみても良いかもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる