イーロン・マスク氏、Twitterを約5.6兆円で買収

Pexels photo 5417837

Twitterは4月25日(現地時間)、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏による440億ドル(約5.6兆円)での買収提案に合意したと発表しました(MacRumorsCNET Japan)。

マスク氏は4月に入り、Twitterの買収を一方的に提案し、Twitterは当初、提案を拒否すると予想されていましたが、買収資金の調達計画が明らかになったあと、態度を軟化させていました。

「言論の自由は、民主主義が機能するための基板であり、Twitterは、人類の未来にとって重要な事柄を話し合うデジタル街の広場だ」とマスク氏は述べ、「新機能の追加や、アルゴリズムのオープンソース化による信頼性の向上、スパムボットの撃退、すべてのユーザーの認証により、Twitterをより良くしたいとも考えている。Twitterはとてつもない可能性があり、それを解き放つために会社やユーザーコミュニティーと協力することを、楽しみにしている」と今後の展望も語っています。

買収が完了すると、Twitterは非上場企業となります。買収手続きは2022年に完了する予定です。