Microsoft、開発者向けの無償Windows 11仮想マシンを更新

S 20220704 101438

Microsoftが開発者向けの無償Windows 11仮想マシンを更新したことがわかりました(Neowin)。

仮想マシンでWindows 11を実行する場合、通常は正規のプロダクトキーを使用してアクティベーションする必要があります。Microsoftが提供している開発者向けの無償Windows 11 VMは、アクティベーションする必要はありませんが、有効期限が設定されており、2022年9月11日まで使用することができます(旧バージョンは7月10日まででした)。

仮想マシンは以下の機能を提供します。

  • Window 11 Enterprise (Evaluation)
  • Visual Studio 2022 with the UWP, .NET Desktop, Azure, and Windows App SDK for C# workloads enabled
  • Windows Subsystem for Linux enabled with Ubuntu installed
  • Developer mode enabled
  • Windows Terminal installed

開発者向けのツール一式が含まれているため、開発者は仮想マシンを使用してすぐに開発に取りかかることができます。

MicrosoftのWindows 11は公式サイトからダウンロードでき、VMWare、Hyper-V、VirtualBox、Parallel用のものが準備されています。

スポンサーリンク