【Tips】iPhoneでマスクを着用したままFace IDでロック解除する方法

Faceid

Appleが2022年3月15日(日本時間)に公開した「iOS 15.4」では、マスクを着用したままFace IDでロックを解除することができる待望の新機能が追加されました。

iPhone 12以降の機種では、従来のようにApple Watchと組み合わせなくても、マスクをつけたままFace IDでロックを解除することができるようになったのです。

以下この機能の設定方法を説明します。

マスク着用時のFace IDを有効にする方法

マスク着用時のFace IDを有効にするには、iPhone 12以降のiPhoneを使用し、iOS 15.4以降のiOSをインストールしている必要があります。

Faceid setup

以下の手順を実行します。

  • 「設定 > Face IDとパスコード」画面を開き「マスク着用時Face ID」をオンにする。
  • 新しい画面で「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップする。
  • 「Face IDのセットアップ方法」画面で「開始」ボタンをタップし、Face IDのセットアップを行う(メガネ着用の場合、外した場合と付けた場合の2回必要)。

これで完了です。実際にマスクを着用してFace IDでロックが解除されれば成功です。

まとめ

マスク着用時のFace IDを有効にする方法を説明しました。コロナ禍でマスクを着用しなければならない状況が続く中、iPhoneユーザーにとって大変便利な機能です。iPhone 12/13を使っている方は是非試してみてはいかがでしょうか。