Windows 11に導入された非互換ウォーターマークを消す方法がはやくも見つかる

Win11 watermark

Microsoftは現在、非互換PCでWindows 11を実行しているユーザーに対し、新たな警告を表示するテストを進めています。設定画面のメッセージのほか、Build 22557ではデスクトップ画面の右下に「システム要件を満たしていません」という迷惑なウオーターマークが表示されるようになっていることが判明していますが、この警告を消す方法が存在することがわかりました(Neowin)。

この方法はDeskmodderが発見したもので、レジストリを編集するため自己責任で実行する必要があります。

手順は以下の通りです。

  • regeditを起動する(Win+Rや検索ボックスを利用し"regedit"と入力)。
  • 「HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\UnsupportedHardwareNotificationCache」を探す。
  • 「SV2」DWORD値を1から0に変更する。
  • 保存して再起動する。

「UnsupportedHardwareNotificationCache」キーが存在しない場合は追加の手順が必要です。

  • regeditを起動する。
  • 「HKEY_CURRENT_USER\Control Panel」に移動。「UnsupportedHardwareNotificationCache」という名前のキーを作成する。
  • 作成したキーを選択し、中に「SV2」という名前のDWORD値を作成。値を0にする。
  • 保存して再起動する。

これでデスクトップのウォーターマークと設定画面の警告が消えるとのことです。

スポンサーリンク