IntelのCEO、Appleより優れたチップを作ってAppleを取り戻す!

Pexels pok rie 1432673

MarketWatchが共有したしたAxios on HBOの最新エピソードによると、IntelのCEOであるPat Gelsinger氏がAxiosのIna Fried氏と対談し、AppleがMacのラインナップ全体を独自のカスタムシリコンチップに移行したことなど、さまざまなトピックについて語ったことがわかりました。

Gelsinger氏は、Intelが将来的にMacにIntel製プロセッサーを搭載することをあきらめたのかという質問に対し、チップ製造においてAppleを凌駕することで、時間をかけてAppleのこの分野のビジネスを取り返したいと述べています。同氏はインタビューの中でIntelのつまづきを認めた上で、Appleからビジネスを取り返すために「懸命に戦う」と述べています。

Fried: Recently Apple said they're moving from Intel chips on the Mac to homegrown processors. Have you given up on the idea of the Mac running on Intel chips?

Gelsinger: I never give up on the idea of anything not running on Intel chips. And, you know, hey, you know, our stumbles, you know, Apple decided they could do a better chip themselves than we could. And, you know, they did a pretty good job. So what I have to do is create a better chip than they can do themselves. I would hope to win back this piece of their business, as well as many other pieces of business, over time. And in the meantime, I got to make sure that our products are better than theirs, that my ecosystem is more open and vibrant than theirs, and we create more compelling reason for developers and users to land on Intel-based products. So, I'm going to fight hard to win Tim's business in this area.

2020年6月、AppleはMacをIntelプロセッサーから自社開発のカスタム・シリコン・チップに移行することを発表し、業界最高水準のワット当たり性能とグラフィックスの向上を約束しました。Appleシリコンへの移行は、2020年11月のMacBook Air、13インチMacBook Pro、下位モデルのMac miniに搭載されたM1チップから始まり、移行が完了するまで2年程度かかる見込みです。

発売当初のベンチマークでは、M1チップを搭載した999ドルのMacBook Airが、2,999ドルのIntelベースの16インチMacBook Proの最大スコアを上回ることが明らかにされており、IntelがAppleシリコンを凌駕することを目指すならば、少なくともM1以上の高効率・高性能なプロセッサを開発する必要があることになります。

なお、Appleシリコンの新製品は、Appleの仮想イベント「Unleashed」で発表され、M1より高速なチップが、14インチおよび16インチMacBook Proで採用されると噂されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる