Internet Explorer 11のサポート終了後、Edgeへのリダイレクトが始まる

S 20220615 101057

MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer 11」のサポートが2022年6月15日をもって終了しました。

Windows 11やWindows 10などの主要なオペレーティングシステムのデフォルトブラウザはすでに後継の「Microsoft Edge」へ移行済みで、Microsoftはより高速で、安全で、よりモダンなMicrosoft Edgeを使用することをユーザーに対してよびかけています。

サポート終了となったInternet Explorer 11が今後どうなるのかについては、Microsoftのブログ記事「Internet Explorer 11 はサポートを終了しました。長年のご愛顧ありがとうございました」で詳しく説明されています。

同記事によると、Internet Explorer 11は突然使えなくなるわけではなく、今後数ヶ月かけてMicrosoft Edgeへのリダイレクトが行われるとのことです。

Ie to edge redirect

ユーザーのデバイスには引き続き、Internet Explorerのアイコンが表示されるものの、クリックするとInternet Explorerのかわりに、Microsoft Edgeが開き、IEモードに簡単にアクセスできようになります。最終的にWindows UpdateでInternet Explorerは完全に無効化され、その時点でInternet Explorerのアイコンが削除される予定です。

リダイレクトプロセスの一環として、ユーザーはお気に入り、パスワード、設定などのデータを Internet Explorer からMicrosoft Edgeにインポートすることができます。

ユーザーがIEモードを使うのを助けるために、リダイレクトプロセスによって、Microsoft Edge のツール バーに「IE モードでリロード」ボタンが追加されます。これにより、正しく動作しない可能性のある Web サイトに遭遇した場合、または Internet Explorer を使用してサイトを開くように求める Web サイトにアクセスした場合に、ボタンをクリックすると IE モードでページを簡単に開くことができます。

S 20220620 103712

Microsoft Edge は、次回自動的に IE モードでそのページを開きたいか確認し、その後も30日ごとにIEモードが必要であるかを確認します。

スポンサーリンク