【悲報】iPad Air 5の薄い筐体やきしみに製品品質への不満が噴出

Ipad air m1 2

Appleが先日販売を開始した、新型の「iPad Air(第5世代)」を入手した一部のユーザーが、製品品質の低下に関連した不満を訴えていることがわかりました(MacRumors)。

問題はiPad Airのアルミニウムの筐体が明らかに薄くなったために、きしみや手に持ったときの空洞感、背面を軽く押しただけでディスプレイがゆがむという現象が発生するというものです。Redditのスレッドには、iPad Air 5を入手したユーザーから、製品品質に問題があるという苦情が多数寄せられており、スレッドの冒頭には以下のようなコメントが掲載されています。

I ordered and received two blue iPad Air 2022 today and I'm a bit shocked. The aluminum backplate is a lot thinner than on the iPad 4 which I also have. You can almost feel the battery through the plate when you hold the device. Both iPads have the same feeling and are making creaking noises when you hold them. This did not happen on the iPad Air 4...

今日、青いiPad Air 2022を2台注文して受け取りましたが、ちょっとショックです。アルミニウムのバックプレートは、私が持っているiPad 4よりもずっと薄い。デバイスを持ったとき、プレートを通してバッテリーをほとんど感じることができます。どちらのiPadも同じような感じで、持っているとギシギシと音がします。iPad Air 4ではこのようなことはありませんでしたが...。

スレッドに寄せられた多数の回答は、この問題が不満を書き込んだユーザー固有のものではないことを示しています。デバイスのディスプレイを優しく叩いたときに生じるきしみ音の動画を投稿したユーザーや、新型のiPad Airが前モデルと比較して「非常に低品質に感じる」とし、デバイスの背面に検出可能な違いがあると指摘するユーザーも存在します。

第5世代iPad Airの早期レビュアーの大部分は品質のダウングレードに関して言及しておらず、Appleから製品を提供してもらいレビューを公開する早期レビュアーの存在意義が問われる事態にも発展しそうです。